検索
  • lily8175

「非接触」な患者管理、RFIDで実現



病院は新型コロナウイルスで第一線に立ち向かうことです。このウイルス戦争の中で感染される可能性を抑えるため、患者と直接に接触する回数はやはり少なければ少ないほどいいでしょう。しかし、医療措置をする前にベッドにかかった患者資料を確認しなければなりませんので、この行為は医者と看護師は病室に止まる時間は長くなってきて、感染率が高くなって彼たちに対して危険でしょう。


RFIDは非接触で読み取り機能が搭載し、医者と看護師はリーダーだけでベッドに貼り付けたRFタグを読み取って、簡単に中の患者資料を分かれることです。しかも前のように違うシフトの医者と看護師数人は一日何回も患者資料を触るより、RFIDリーダーで読み取りのほうが便利だし、使い済みの時にRFIDリーダーを消毒するだけで大丈夫です。


RFIDタグは小型で、耐久性(振動、汚れ、磨耗など)、耐環境性(温度、湿度、霜、霧など)に優れておりや信頼性が高い情報の機密性(セキュリティ)を確保することが可能などのメリットがあるので、時間が経っても新しいタグように完璧に読み取ることができます。


#uhf帯 #uhfrfid #uhf帯rfid #rfidandroid #bluetoothrfid #rfidできること #rfidusb #rfidwifi #writerfid #tagrfid #rfidusbreader #rfiduhftag #タグリーダー #icタグリーダー #rfidリーダーライター #rfid読みとり機 #uhfrfidリーダー #新型コロナウイルス #新型コロナウイルス蔓延防止 #コロナ #コロナ対策


あなたの難所、Pormagに任せ

詳しくはお問い合わせへ


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示