検索
  • lily8175

新型コロナウイルスの蔓延防止、UHF帯RFIDの重要性


新型コロナウイルスは現在世界中で蔓延し、台湾の台北市と新北市での警戒レベルは昨日(16)から同月の28日までの間に四段階ある警戒レベルで上から二番目に高いレベルの「第三級」を引き上げると発表しました。


新型コロナウイルスの感染を避けるため、ワクチン接種を受ける人も積極的になり、人数も前より多くなりましたが、ワクチンの数で現在全部の人を接種するわけではありません。なので、生活中の「非接触」の必要も急速に高まりました、そして既存業務を“非接触”に変える手段としてRFIDはとても役に立ちます。


UHF帯RFIDは、複数のタグを一括読み取りは可能で、最大距離10M以上に読み取る強みがありますので、駐車場、アパレル業界、鉄道サービス業、航空業、建設業や工場などの領域で、UHF帯RFIDを用いて、製品の棚卸しや作業者の移動情報の記録などの工数を非接触で実現できるだけではなく、作業時間の短縮と高効率も実現できます。


#uhf帯 #uhfrfid #uhf帯rfid #rfidandroid #bluetoothrfid #rfidできること #rfidusb #rfidwifi #writerfid #tagrfid #rfidusbreader #rfiduhftag #タグリーダー #icタグリーダー #rfidリーダーライター #rfid読みとり機 #uhfrfidリーダー #新型コロナウイルス #新型コロナウイルス蔓延防止 #コロナ #コロナ対策


あなたの難所、Promagに任せ

詳しくはこちら





1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示