検索
  • lily8175

災害物資の輸送、RFIDとブロックチェーンはトレンド



昔、災害時の物資は一般的にトラックで災害地へ運んでいて、さらに当地で人工で物質の受入実績、搬入者、受入日、受入担当者などの情報を登録しなければなりません。量が少ない場合には人工でもまだ大丈夫かもしれませんが、一旦急に大量な物資は災害地に繰り込んだら、作業の効率は大幅に減少するかもしれません。さらに、物資の中に、もし要冷蔵の物資があったら、低効率の作業状況のもとに腐る可能性が高くなって、無形中で物資はもったいないことになります。、もし輸送プロセスの簡素化と記録の自動化になれたら、上記の状況に対して結構役に立てるでしょう。というわけで、当社はある対策を考えました。


それはRFIDとブロックチェーンの連携です。


RFID技術は、物資の表面につけているタグを読み取ることを通じて、複数のタグの詳細な情報を同時に読みとれるため、物資を確認する手間を減少できることに留まらず、物資を移動させた場合にも、移動先の履歴の追跡することも、また、物資一つの位置情報に至るまで管理することができます。ブロックチェーンの場合には、1つの集積サーバーでデータを管理するのではなく、複数のデータサーバー間で同じデータを分散保持できる点にあることで、各避難所の物資輸送状況や残っている数量を簡単に確認でき、さらに各地の避難者のニーズに対して、これからどの物資を輸送するのか明らかに決めることができます。こういうシステムで行われたら、災害物資の手順も大幅に簡素化になることができ、効率も高くなれるでしょう。


#rfid #uhf帯 #uhfrfid #非接触型 #支援 #コロナ #緊急事態 #緊急 #輸送 #貨物輸送 #新型コロナウイルス #変異ウイルス #ウイルス変異 #変異株 #自粛 #在宅勤務


あなたの難所、Promagに任せ

詳しくはお問い合わせへ



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示