検索
  • lily8175

納骨堂管理にRFIDの応用について



土地制限または生活が変わったため、現在、遺骨を置いてる場所は昔と違うようになりました。一般的には、火葬して冷やした後、遺骨をそのまま骨壺に置いていく方が多そうです。骨壺は家に置いておく方もいらっしゃっていますが、納骨堂に置いておくのを選択する人がだんだん多くなりそうです。

しかし、納骨堂の中にほかの方の骨壺もありますが、この大量な骨壺の中で特定な骨壺を見つけるのは結構大変な作業です。それに骨壺を納骨堂に入れるときの記録でも、もし何か自動認識機能が搭載するシステムがあれば、お客様だけではなく、納骨堂の社員にとって効率も高くなれるでしょう。というわけで、当社はある対策を考えました。


それはRFIDです。


RFID技術は特定な情報をタグに入れる機能がありますので、つまり押し入れにつけてるRFIDタグを読み取ることを通じて、内部システムも同時に置かれた押し入れを記録でき、この後お客様に聞かれたときに、直接にPCまたは携帯で特定な骨壺を見つけることができます。さらに、権限がない人が勝手にシステムを使用することを防止するため、こちらも管理員カードを提供させていただけて、システムを使用する前に先にカードで権限を承認することが必要です。こうしてシステムのセキュリティにもお役に立てると存じます。


#rfid製品 #RFIDとは #uhfrfidリーダー #rfidタグとは #rfidタグ仕組み #rfid技術 #rfidシステム #rfid開発 #rfidリーダー #rfid #電子タグ #インベントリ #在庫管理 #在庫 #電子部品 #図書館 #小売り #工場 #食品工場 #工場ワークス #パン工場 #お菓子工場 #製造工場 #uhf帯 #uhfrfid #非接触型 #支援 #コロナ #緊急事態 #緊急 #輸送 #貨物輸送 #新型コロナウイルス #変異ウイルス #ウイルス変異 #変異株 #自粛 #在宅勤務



あなたの難所、Promagに任せ

詳しくはお問い合わせへ


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示