検索
  • lily8175

運動時間記録!RFIDで実現可能



ただ今東京オリンピックパラリンピックを行われています。緊急事態事態のため、家でテレビ中継でしか試合を見えないのですが、選手たちを応援したい気持ちも現場にいるように変わりませんでしょう。選手たちの勝負はほとんど時間で決まりますので、今試合の中に写真判定システムを導入されるのは多いです。しかし、普通のランキング練習、トレーニングなどの場合には、写真判定システムの方はコストが高いでしょう。でも手動で計測するとヒューマンエラーを発生するかもしれませんので、というわけで、弊社はある対策を考えました。


それはRFIDです。


RFIDタグはコストが安くて、もともと一括読み取りの機能かありまして、それにUHF帯の場合には5メートルぐらいの範囲にあるタグを読み取れます。つまりリーダーをスタート点のところに設置されて、選手たちの体につけているタグを読み取ることを通じて、選手たちが走った周数と時間を記録することができます。

弊社は10メートルまでに読み取れるUHF帯RFIDリーダーをご提供いたしておりますので、もっと広い範囲のタグを読み取れますし、トラックが広い場合にも対応することができます。



#rfid製品 #RFIDとは #uhfrfidリーダー #rfidタグとは #rfidタグ仕組み #rfid技術 #rfidシステム #rfid開発 #rfidリーダー #rfid #電子タグ #インベントリ #在庫管理 #在庫 #電子部品 #図書館 #小売り #工場 #食品工場 #工場ワークス #パン工場 #お菓子工場 #製造工場 #uhf帯 #uhfrfid #非接触型 #支援 #コロナ #緊急事態 #緊急 #輸送 #貨物輸送 #新型コロナウイルス #変異ウイルス #ウイルス変異 #変異株 #自粛 #在宅勤務 #東京オリンピック #オリンピック




あなたの難所、Promagに任せ

詳しくはこちらへ


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示